悩みは抱え込まず解消|クリニックで豊胸手術を受けよう

確実に大きくなる施術

バストを計る女性

シリコンによる施術

女性の体型に伴う悩みとして、胸が小さいと悩む方が多いです。そんな悩みを解消するために、クリニックではシリコンバッグによる豊胸手術を行っています。このシリコンによる手術は、バストをメスで切開してシリコンを挿入するものです。昔からスタンダードに行われていて、安全性は高いです。このシリコンバッグ挿入法は、2、3カップのサイズアップが可能となります。バッグには小さいものから大きいものまで揃っているので、希望に合わせて選べます。バストのさわり心地については、実物の胸よりも少し硬いという印象です。なので、よく触られない限りばれる恐れはないです。施術の際には全身麻酔を行うので、痛みや恐怖もなく施術を受けられます。確実に胸を大きくしたい方におすすめです。

施術の際の注意点

シリコンバッグ豊胸手術はとても効果が高いですが、いくつか認識すべきことが有ります。それは、そもそも胸の奥に異物を入れる手術なので、施術後に強い痛みが生じることです。この痛みは、施術後に最低でも一週間は続きます。仕事をしている方は支障をきたす可能性があるので、長い休みの前に行ったほうが良いです。その他の注意点としては、シリコンバッグ豊胸手術はメスで切開する治療です。その際に、腋の下を3、4センチ程度切開することになります。しかし、脇のシワと馴染んで傷が目立たなくなる人がほとんどなので、施術について知られる可能性は低いでしょう。気になる場合は、施術部位が見えるような服装を着用しないように心がけると良いでしょう。上記のことを考慮したうえで、豊胸手術を受ける事が大事です。